News&Topics Index Otowa restaurant

【第30回シェフスペシャルイベントのご案内】 ルレ・エ・シャトー 美食の饗宴 スイス「シャレ・ダドリアン」 ミルト・マルケージ×音羽元


portrait-mirto-hd フランスのホテル・レストラン組織ルレ・エ・シャトーは、ヨーロッパ各国をはじめ世界61カ国の卓越したホテル・レストランが加盟し、オトワレストランもその一員です。メンバー店同士の国を超えた交流も活発に行われ、この度、スイスのヴェルビエよりミシュランガイドの一つ星にも輝くシェフ、ミルト・マルケージ氏をお迎えします。澄みわたるスイス山麓の風土と日本の産物のコラボレーションにご期待ください。<シャレ・ダドリアン webサイト>

2016年10月21日(金)18:30(ディナー)
      10月22日(土)18:30(ディナー)  
    10月23日(日)12:00(ランチ)

・開場は開宴30分前からとなります
【会場】    オトワレストラン
【コース料金】(税・サ料10%、御飲物別途)
 ディナー  12,000円  
 ランチ     8,000円

【御予約・お問合せ】℡ 028-651-0108(火-日 10:30より)
お問合せフォーム

【ご案内】第二回 ワインで巡るフランス紀行


ワインと料理でフランスのテロワールをたどる集いの第二回をご案内します。

オトワレストランのソムリエの佐藤比呂之、小住剛太郎がワイン産地のレクチャーと食とワインのマリアージュをご提案。自然派ワインの作り手や若手の生産者にスポットをあてていきます。

 

【第二回】2016年8月25日(木)19時00分より
会場 オトワレストラン
料金  16,000円 (御料理・ワイン込、税・サービス料別途)
定員 各回12名様
※お申込みは一回毎に承ります。初めてのご参加でもお楽しみいただけます。

 

終了 第一回(5月)     シャンパーニュ地方からスタートして、ブルゴーニュ、ローヌへワインの旅
●第二回(8月)     プロヴァンス、ラングドック、ボルドーなど南仏を中心にご紹介
●第三回 (11月)   ボジョレーヌーヴォー解禁!フランス各地のワインをおたのしみいただきます。

 

~第二回 ご紹介予定のワイン~

レ・ドマニエール ロゼ / ドメーヌ・オットー LES DOMANIERS ROSE / DOMAINES OTT
(プロヴァンス・ロゼ)

「畑やワインに何かを加えれば、それは必ずある時、ワインを飲んだ人の体の中に発見されることになる」
4代にわたって極めて強固なファミリー経営を続け、早くから独自の哲学に基づく自然農法による耕作を取り入れて造られるオットーのプロヴァンス・ロゼ。

***************************

ル・セック・ドゥ・レイヌ・ヴィニョー / シャトー・レイヌ・ヴィニョー Le Sec de Rayne Vigneau / Rayne Vigneau 
(ボルドー・白)

甘口ワインの代表格ソーテルヌの第1級格付けCh.レイヌ・ヴィニョーのリュット・レゾネで造る辛口白ワイン。

***************************

インテリジェンス・ヴィオニエ / シャトー・ゲリー L’Intelligence Viognier / Chateau Guery 
(ラングドック・白)

ラングドックで8代にわたりワイン造りをしている小規模な生産農家。ピュアな果実味と繊細さをもち、バランスにも大変優れるその味わいからは、造り手の目指す方向性をしっかりと感じることが出来る。

***************************

フォジェール / ドメーヌ・レオン・バラル Faugeres / Domaine Leon Barral
(ラングドック・赤)

父レオンの代は協同組合にブドウを全量売っていたが、1993年にディディエは醸造施設を購入し、醸造・元詰を開始。ワイン造りを始めるや、瞬く間にラングドックのアペラシオンをこえて偉大なフランスワインと評価される。
長い時間をかけ自然の生態系を取り戻した畑には、ブドウの葉にとまるてんとう虫や、畑の土の中のみみず、草花や野生のアスパラ、鳥達、そして見渡す限り、どこまでも広がる豊かな自然に溢れている。

***************************

オー・メドック / クロ・デュ・ジォゲイロン Haut Medoc / Clos de Jaugueyron
(ボルドー・赤)

ミシェル・テロン氏はBTSA(醸造栽培上級技術者)でブドウ畑の管理から醸造までを学び、卒業後の1993年にカンテナック村でのワイン造りを始めたが、丁寧で細やかな仕事は瞬く間にワインの評価へとつながる。
一方でミシェルは受粉のためにミツバチを飼育し蜂蜜を集めたり、畑で兎を捕らえ料理するなど、ありのままの自然を楽しみながら造るワインには、強い個性があらわれている。

マルタ島「THE XARA PALACE」コラボレーションディナーのお知らせ


logo carrŽ - 432マルタ島のホテル「THE XARA PALACE(ザ・シャーラ・パレス)」で今夏、Kevin Bonelloシェフと音羽和紀シェフのコラボレーションディナーが開催されます。オトワレストランも加盟するルレ・エ・シャトーの仲間であり、メンバー同士でスキルを高め合い、互いの国を紹介し合うことも今回のイベントの目的の一つです。
WEBサイト

第29回シェフスペシャルイベント アラン・シャペル メモワールディナーⅦ Kazunori Otowa× Hajime Otowa


 ヌーベル・キュイジーヌの旗頭として最年少で三ッ星を獲得し、ガストロノミー界の頂に登りつめたアラン・シャペル。彼の料理を味わうために、世界中の美食家や要人がフランス・リヨン近郊のミヨネーを訪れていました。ミヨネーのテロワール<風土>への慈しみから生まれる料理とその哲学は、彼の弟子達(アラン・デュカス、音羽和紀、上柿元勝、三國清三、渋谷圭紀、パティシェ西原金蔵、小久江次郎、シャペル亡き後を支えたフィリップ・ジュス、ロマン・シャペル、音羽元)へと継承されています。

 食についても多様な価値観が交錯する今の時代だからこそ、料理人はそれぞれの立ち位置を見つめなおそうとしています。そのような機運の高まりは、風土に根ざしたシャペルの揺るぎない思いが記された著作『新フランス料理 料理ルセットを超えるもの(La cuisine, c‘est beaucoup plus que des recettes)』が今春、復刊されたことからも伺い知ることができましょう。シャペル・キュイジーヌをひも解くことが、今を生きる料理人の道しるべになることを願い、7回目となるメモワールディナーを開催いたします。

[日時] 2016年7月8日(金)、9日(土)18時30分~、10日(日)18時~
[会場] オトワレストラン
[料金] コース料理 12,000円(税、サービス料10%、御飲物別途)

お問合せ・ご予約

オトワレストラン ℡ 028-651-0108(火―日 10:30AMより)
お問合せフォーム

音羽和紀シェフ NHK総合 『あさイチ』 出演のお知らせ


音羽和紀シェフが、NHK『あさイチ』の料理コーナー「解決!ゴハン」に初登場です。
鶏むね肉のおいしい焼き方と野菜たっぷりのソースをご紹介します。ぜひご覧ください!
■放送予定 2016年6月8日(水)9時台の予定です。(当日の状況により変更の場合もございます)
「あさイチ」Webサイト

【ご案内】ワインで巡るフランス紀行 全3回


オトワレストランのソムリエの佐藤比呂之、小住剛太郎がフランスのワイン産地をご紹介しながら、料理とのマリアージュをご提案します。とくに、自然派ワインの作り手や若手の生産者にスポットをあてていきます。
●第一回(5月)     シャンパーニュ地方からスタートして、ブルゴーニュ、ローヌへワインの旅
●第二回(8月)     プロヴァンス、ラングドック、ボルドーなど南仏を中心にご紹介
●第三回 (11月)   ボジョレーヌーヴォー解禁!フランス各地のワインをおたのしみいただきます。

【第一回日程】2016年5月19日(木)19時00分より
会場 オトワレストラン
料金  16,000円 (御料理・ワイン込、税・サービス料別途)
定員 各回12名様

※お申込みは一回毎に承ります。

第一回 使用予定ワイン:

ドラピエ カルト ドール ブリュット Drappier Carte d’Or Brut

世界三大テノールと言われたオペラ歌手、故ルチアーノ・パヴァロッティを始め、多くの自然派ワイン生産者にも愛されるシャンパーニュ。 ナチュラルでぶどう本来の果実味を感じさせる味わい。

マランジュ・ブラン / ドメーヌ・シュヴロ Maranges Blanc / Domaine Chevrot

コート・ド・ボーヌ最南端のAOC。ドメーヌ・シュヴロは日本人のかおり・シュヴロさんが当主の奥様であることで日本でもお馴染み。近年では全面ビオディナミの採用に切り替えたマランジュを表舞台に押し上げた功労者の1人。

ヴォークリューズ・ブラン / ドメーヌ・デ・トゥール Vaucluse Blanc / Domaine des Tours

「畑の人、一秒でも長く大地の上に」シャトー ヌフ デュ パプ最高の造り手の一人、シャトー ラヤスのオーナーが手がけるクラスを超えた味わい、ポテンシャルを秘めたワイン。

マルサネ ヴィエイユ・ヴィーニュ / オリヴィエ・ギュイヨ Marsannay V.V. / Oliver Guyot

ブドウはビオ・ディナミ農法で育て、畑は馬車馬によって耕す。ブドウの収穫はすべて手摘み。真摯に畑と向き合う。自然に敬意を払い、伝統的手法で造られるワインは、マルサネのテロワールを如実に表現している。

コート・ド・ヴァントゥー / ドメーヌ・ド・フォンドレッシュ Cotes de Ventoux “Nadal” / Domeine de Fondreche

ブドウの木がワインを造るのであって、ワインメーカーの仕事は「テロワールを理解し、分析し、寄り添うこと」と考えるセバスチャンの造るワインは、瞬く間に世界のワイン愛好家の注目を集め、コート・ド・ヴァントゥーの名を世界に知らしめた新進気鋭のドメーヌ。

どうぞお楽しみに。

第28回シェフスペシャルイベントのご案内 「テロワールの旅 <春> 長崎・平戸X奈良Xオトワレストラン」


otowa旅で得る新しい発見や出会いは、インスピレーションの源であり、生きる力にもなるものです。料理人にとってそれは、食材との出会いのみならず旅先のテロワールを感じることで、自身の地域のテロワールを再発見する機会ともいえます。

音羽シェフが交流をもつ長崎県平戸は、かつては西洋貿易港として東西文化の橋渡しとなった歴史を持ち、海の幸はもちろんのこと和牛の発祥とも言われる平戸和牛もよく知られています。そして、神々に守られているかのような森林に囲まれている古都・奈良。受け継がれてきた大和野菜や発酵技術は、効率化が優先される今、改めて見直されています。音羽シェフが訪ね、ひらめきを得た平戸と奈良の春食材を介して、それぞれの地の歴史や文化に思いをはせていただきたいと思います。Bon voyage!

■日時 2016年 4月 16日 (土)・17日(日)18時より(17時30分開場)

■会場 オトワレストラン

■コース料金 12,000円(税・サービス料、御飲物別途)

ご予約 オトワレストラン

℡ 028-651-0108(お受付時間 10時30分より、月休)

お問合せフォーム

 

 

 

『新フランス料理 料理ルセットを超えるもの』復刊記念 音羽和紀シェフx淀野晃一『専門料理』編集長トークイベント


5AC8A36F料理人のバイブルともされていた幻の名著、アラン・シャペル『新フランス料理 料理ルセットを超えるもの』の復刊を記念して、1982年の発売時に日本語訳をした音羽和紀シェフと『月刊専門料理』淀野編集長のトークイベントが開催されます。

■日時 2016年4月4日(月)19時30分より

■会場 代官山蔦屋書店

詳細は代官山蔦屋書店Webサイトをご参照下さい。

 

2 / 1312345...10...最後 »