News&Topics Index Otowa restaurant

  • 2011.04.30

FFCC講習会「私のテロワール」ご参加ありがとうございました


null

グランシェフシリーズ「私のテロワール」と題して、フランス料理文化センターにて講習会を行いました。地方でレストランを行っていらっしゃる方にも多数ご参加いただきありがとうございました。 詳細はFFCCのH.P.をご覧ください。 グランシェフシリーズ「私のテロワール」 第1回 音羽和紀氏、音羽元氏「オトワレストラン」

デリカショップ「オーベルジュ 音羽」 ぜひお立ち寄りください


null

JR上野駅構内 ecute上野にオープンした「オーベルジュ 音羽」。サラダやローストチキンなどの惣菜をお求めいただけるデリカショップです。北関東・東北の玄関口となる上野駅。そんな上野で栃木や北日本の食材のおいしさを知っていただこうとデリカショップを出店しました。
オープンしてからまだ1カ月弱。宇都宮在住の方や以前宇都宮にお住まいだった方、御親戚やお友達が宇都宮在住……など訪れていただいたお客様には「がんばってね!」とお声をかけていただきながら営業しております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。
詳細はecute上野HPをご覧ください。

農林水産省より「料理マスターズ」として顕彰されました


この度音羽和紀は、「料理マスターズ」として農林水産省より顕彰されました。
宇都宮、栃木、そして地方の活性化へのステップとなるよう、いっそう努めて参ります。
今回の顕彰については、お客様、生産者、行政、企業など皆様の支えあっての事と厚く御礼申し上げます。
農林水産省「料理マスターズ」

  • 2010.06.10

魂の伝承 弟子たちの饗宴


フランス料理界の巨星アラン・シャペルが急逝して20年。 彼の料理への想いは時を経てなおいっそう、深く強く弟子達に受け継がれています。 日本人として初めて彼に師事をしたキュイジニエ音羽和紀。 シャペルの晩年、大きな信頼を寄せられていたパティシェ西原金蔵。 アラン・シャペルと日本の弟子達の軌跡を見続けてきた料理評論家 山本益博。 シャペルを敬愛する3人による料理、デザート、そしてトークの饗宴を開催いたします。 故郷ミオネーを愛し、土地の人々と共に生きた料理人アラン・シャペル。 彼のエスプリを感じとっていただけるひと時となれば幸いです。

» 記事の詳細

  • 2010.01.19

シェフスペシャルイベントのご案内


『オテル・ドゥ・ミクニ 三國清三×オトワ レストラン 音羽和紀 ジョイントディナー』開催決定! 日本を代表する料理人として国際的に活躍する三國清三。 地元宇都宮で地産地消のフランス料理を創りつづける音羽和紀。 かつてグラン・シェフ“アラン・シャペル”に師事した二人が初春の宇都宮で一夜の饗宴。 日本のフランス料理を切り開いてきた二人の料理をお愉しみください。 ※終了いたしました

» 記事の詳細

  • 2009.07.11

「プロヴァンスの夕べ」のご案内


夏の一夜、オトワレストランがフランス・プロヴァンス地方に! 南仏の郷土料理やワインを賑やかに楽しんでいただく「プロヴァンスの夕べ」を開催します。素敵なパートナーとお二人で、ぜひお越しくださいませ。 プロヴァンスの郷土料理はビュッフェスタイルで、プロヴァンスのワインと共に。 当日はグラン・ターブル(大きなテーブル)を作りますので、知ってる方とも知らない方とも陽気な夜をお過ごしください! [日時] 2009年7月26日(日) 17:00〜20:00 [料金] お一人様 8,400円 (お食事、お飲物込) ♪ ペアでのご参加を承ります ♪ ※終了いたしました

  • 2009.05.22

第12回シェフスペシャルイベントのご案内


『音羽 和紀&松本 扉温泉「明神館」「ヒカリヤ ニシ」総料理長 田邊 真宏 ジョイントディナー』のご案内

20090520-87668C77.jpg

生きている場所と土地の産物を愛するシェフ音羽和紀と想いを同じくする若き料理人田邊 真宏。かつて師弟だった二人は、宇都宮と松本というそれぞれの場所で料理と共にその土地で生きています。栃木と信州、土地の素材への敬意と愛情に溢れたコラボレーションコースをお楽しみください。 2009年6月11日(木) (18時〜19時にご来店ください) コラボレーションコース お一人様 12,000円(税込) ・お飲み物、サービス料は別途となります

» 記事の詳細

  • 2009.05.13

第11回シェフスペシャルイベントのご案内


モードスパニッシュ「食の“記憶”」 奈良県/ akordu 川島 宙シェフを迎えて

20090421-_M8E5785.jpg

スペイン・サンセバスチャン「ムガリツ」。科学的なアプローチと自然へのオマージュを表現するその店で、真摯に料理と向き合う青年と音羽和紀が出会ったのは数年前。スペインの豊かな土壌で醸成された彼の料理は、その後、縁あって奈良の自然とめぐり合いました。スペイン…奈良…そして宇都宮。オトワ レストランでほんのひと時、人生の「記憶」に身を委ねてみませんか。 ※終了いたしました

» 記事の詳細

10 / 12« 先頭...89101112