News&Topics Index Otowa restaurant

「味覚の一週間」が宇都宮で開催されました


フランスで1990年に発足して以来、いまやフランスが国全体で進めるイベント「味覚の一週間」。味わう楽しみや食文化と向き合うイベントがフランス各地で開催され、子供たちの「味覚の授業」もその一つです。料理人たちあ地元の小学生に4つの味「「しょっぱい」、「すっぱい」、「あまい
、「にがい」)を教える体験授業です。そんなフランスの「味覚の授業」が日本でも本格的な取り組みが行われることとなり、宇都宮では音羽シェフが講師をつとめました。
授業ではフランスの味覚の授業のメソッドに習い「4つの味」の特長を学んだ後、音羽シェフ特製のギモーブやフルーツパウンドケーキ、山ぶどうのパンを試食。「あまい」の中にも食感の違いや「あまずっぱい」などの複雑な味を体験しました。そして調理実習ではカラフルなちらし寿司をつくりみんなで試食。子供たちにとっては「味覚」と向き合う初めての体験となったようです。
※「味覚の一週間」についてはこちらのホームページをご覧ください
<東京ガス宇都宮支社にて>

「Cu-Cal in 奈良」 今年も参加いたします!


「ニッポンを食で元気に!」をテーマに、各地で開催されているCu-Cal。今年も「Cu–Cal in 奈良」に3年連続で参加いたします!
栃木・宇都宮から西の古都奈良へ。奈良と栃木、食材のコラボレーションで、この季節、このひと時だけのOtowaフレンチをお楽しみいただきます。
錦秋の奈良でお目にかかれることを、心よりお待ち申し上げます!
■参加日程 : 11月12日(土)ディナー・11月13日(日)ランチ・ディナー 
☆詳細、ご予約はCu-Calホームページをご参照ください

第2回料理マスターズ授賞式が開催されました


農林水産省「料理マスターズ」は、「食と農をつなぐ、地方を元気にする、日本が元気になる」 として、各地で農と連携しながら食に取り組む料理人顕彰制度として昨年2010年に制定されました。その第1回受賞者に私どものシェフ 音羽和紀を選んでいただいたのは大変名誉なことでした。そして今年、第2回の受賞者が決定し、オトワ レストランともご縁が深いレストランのシェフ2名が選出されました!

» 記事の詳細

「Cu-Cal in 奈良」 今年も参加します!


「ニッポンを食で元気に!」をコンセプトに、各地で開催されるフードイベントCu-Cal (クーカル)。 今年もCu-Cal in 奈良に参加いたします!日程は、11月12日(土)ランチと翌13日(日)ディナーです。奈良の食材とOtowaスタイルのマリアージュを味わいに、ぜひお越しくださいませ。
詳しい内容・ご予約はCu-Calホームページをご参照ください。

姉妹店「セ・ラ・ヴィ」のホームページが新しくなりました


宇都宮市曲師町(まげしちょう)。街の中心を流れる釜川沿いにある「C’est la vie」。
30年前「レストラン・オーベルジュ」をオープンしたその場所に、今は気軽に、楽しく、おいしい時を過ごせるレストラン・バー「セ・ラ・ヴィ」があります。
おひとり様でワイン一杯、カップルやご友人と、大小パーティーなどいろいろなシチュエーションでご利用いただけますので、こちらのホームページも是非ご覧くださいませ。
セ・ラ・ヴィ ホームページ

新作ジャムのご案内


太陽の陽射しをたっぷり浴びた夏の果物でジャムをお作りしました。ジャム作りに最適といわれる銅の赤鍋でじっくり煮詰めたジャムは、甘くみずみずしく、なんともつややか!夏の名残にぜひご賞味くださいませ。

※ジャムの種類は「記事の続き」でご紹介しております

» 記事の詳細

  • 2011.08.25

ご来店ありがとうございました。「信州・松本 ヒカリヤ ニシ 音羽シェフ・田邉シェフの饗宴」


信州・松本 扉温泉「明神館」が手がけるレストラン「ヒカリヤ」。その建築が文化庁指定国登録有形文化財の指定記念として、音羽和紀と明神館・ヒカリヤ ニシ統括料理長田邉真宏氏の饗宴が8月21日、22日の2日間にわたり開催されました。
<左より、田邉シェフ・音羽和紀シェフ・音羽元シェフ>
ヒカリヤ ニシ H.P.

お客様、北日本の生産者の皆様へ


5月、6月とジョイントディナーや伊勢丹新宿店でのイベントなどで久しぶりにお会いするお客様には、東日本大震災の影響について励ましのお声を多く頂戴いたしました。おかげ様で最近は食材の入荷状況もずいぶん安定し、東北・北関東の生産者の皆様と力を合わせていこうと声をかけ合っています。

イベントでは北日本の食材の良さを知っていただける絶好のチャンスととらえ、北の食材中心にメニューをお組みいたしました。生産者の皆様にこのような状況のなか最良の食材をご用意いただき、それをお客様にご紹介できたことを嬉しく思っております。銀座レカン高良シェフにもジョイントディナーでも主旨にご賛同いただき、北の食材をお使いいただきました。そして、伊勢丹新宿店での「Cu-Cal」のビュッフェ料理でも野菜、米、鶏、豚など関東以北の食材で取り揃えました。「キッチンステージ」でも一部北の食材をとり入れています。

■終了したイベント

5月21日(日) 銀座レカン高良康之・オトワレストラン音羽和紀ジョイントディナー <高良シェフにも東北の和牛、鱈、野菜をお使いいただきました。>
6月13日(月) 伊勢丹新宿店「チアアップ・ニッポン!Cu-Cal in ISETAN」 <福島の野菜、鶏、栃木の野菜、米、豚、乳製品、卵>
6月8日(水)〜6月21日(火)  伊勢丹新宿店「キッチンステージ」

■これからのイベントでも北日本食材でメニューをお組みする予定です。
6月27日(月) 「料理マスターズ スペシャルディナー」<神宮前ル ゴロワにて>

7月1日(金) 世界の医療団「支援者の集い2011」<東日本大震災復興支援としてフランス大使公邸で開催。20名のシェフ達が集まり料理を用意します。音羽シェフもその一人として参加します。>
7月3日(日)〜6日(水) スペシャルディナー4dAYS〜 アランシャペル没後21年 シャペルの思いは世代を超えて〜

生産地には直接・間接的に大きな被害の痕跡がまだ残っていることは確かですが、確実に前に進んでいます。今後も北日本の生産者の皆様と連携を取りながら北の食をいっそう豊かにしていくことを復興支援ととらえ、これからも行っていきたいと思っています.


  • 2011.06.14

スペシャルディナー4Days〜アラン・シャペル没後21年 シャペルの思いは世代を超えて〜


オトワ レストランはこの7月、おかげさまで4周年を迎えます。時期を近くして音羽和紀の師 アラン・シャペルの命日があり、レストランの周年を祝うと共に、師から受け継いだ多くの事を再確認し次の若い世代につなぐ機会でもある、そんな風に音羽シェフは思っています。
 
シャペルが3つ星を獲った直後より、日本人として初めて「アラン・シャペル」の門をくぐった 父・音羽和紀。
シャペル亡き後を任されたフィリップ・ジュスより薫陶を受けた長男・音羽元。
年月を経て進化していくシャペルへの思いを込めた料理を、親子2代で表現するスペシャルディナーのご案内です。
■日時 7月3日(日)〜6日(水) 18時よりご予約承ります
※ただいま全てのお日にちが満席となっております。キャンセル待ち等につきましてはお問い合わせください。

世界の医療団「支援者の集い2011」について


来る7月1日(金)、フランス大使公邸において開催される世界の医療団「支援者の集い2011」に参画いたします。この催しは、「あらゆる壁を越えて医療にアクセスできる社会実現への貢献」を目的としており、とくに今年は東日本大震災で被災された方々に対する「こころのケア」を中心とした医療活動に充当されるものです。
詳細は世界の医療団H.P.をご覧ください。

  • 2011.05.13

銀座「レカン」高良康之・「オトワ レストラン」音羽和紀 ジョイントディナー


海に囲まれた国、日本。実り多き里山を持つ日本。

わたし達は海山からの恵みのおかげて、豊かな食文化を持ちつづけてきました。

そして、フランス料理もそれぞれの郷土で育まれてきた料理です。

フランス料理の伝統をふまえながら、日本の「今」を表現する二人のシェフ。

日本の食を支えている北の食材とともに、食がもたらす幸せなひと時をおとどけします。

5月29日(日)午後18時より(開場17時30分)

お一人様 13,000円(税込)

・ご案内テーブルごとにスタートさせていただきます

・サービス料、お飲物は別途となります

・定員(約50名様)となりましたらお受付終了とさせていただきます。

*イベントのパンフレットPDFはこちらからご覧いただけます。
※こちらのイベントは終了いたしました

» 記事の詳細